×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  畳について

畳について

畳の構造

畳床イメージ画像

【畳床(たたみとこ)】

畳の土台になる部分であり、皆さんあまりご存じない部分だと思います。昔は稲藁(わら)でできたものが一般的でしたが、最近は建材床(ポリスチレンフォーム・イシュレーションボード)で作られたものが主流になっています。さまざまな種類があるので新畳に変える前には、畳屋さんにお尋ねください。


 

【畳表(い草)】

畳の表面の部分であり、天然表(国内産・中国産)や化学表(和紙・PP)があります。一般的に天然表は染土という染料を使って染めてあります。染土は天然の土であり、有害な着色剤ではないので人体に影響はありません。化学表は、天然のようない草の香りはしませんが、色が変わらないのが特徴です。

畳表(い草)イメージ画像

 
縁(へり)イメージ画像

【縁(へり)】

畳の端についている柄の布部分であり、柄はいろいろあります。柄によって部屋の雰囲気が変わります。最近は縁がない畳(ぼうず畳)もインテリアとして流行っています。


 

わら床・建材床のメリット

わら床(稲わら使用)イメージ画像
【わら床(稲わら使用)】

1. わら床は天然のわらで作られており、わら自体が呼吸をするので吸放湿が期待でき、部屋の湿度を調整してくれます。

2. わら床は天然のわらを使っておりますので、わら自体に化学物質を含んでおらず化学物質などの心配はありません。

3. わら床はわらを何段にも重ねて製造していますので、断熱効果や防音性があります。

4. わら床は天然のわらを使用しているので、足あたりが柔らかくソフトな感触を得られます。

5. わら床はわらを使用していますので古畳で廃棄する場合、良いわらはリサイクルとして新しいわら床に使用できます。

 
建材床イメージ画像

【建材床】
(インシュレーションボード・ポリスチレンフォーム使用)

1. ダニなどの害虫が出にくい。

2. わら床に比べ値段がリーズナブル。

3. 最近の住宅(機密性の強い)に適している。

4. わら床に比べ表面の凸凹がでにくい。


 

実は滋賀県でも畳表(いぐさ)が作られていた

いぐさイメージ画像

 
【畳表製造の概説】

実は滋賀県近江八幡市小浅井町でも畳表(いぐさ)が作られていました。

畳表は(いぐさ)と大麻の栽培から始められたものであります。

いぐさは、12月に水田を深く耕し持久肥料を施し掻後水を落とし2、3日後に14,5センチ間隔にいぐさ苗を植えつけ潅排水を繰り帰し翌年7月中下旬に刈り取りし、青粘土汁に浸し色染めし天日乾燥をして、機織機で織り上げたものであります。

昭和20年頃(1945年)までは当地は各所に湧水があり栽培には好都合であった。

青粘土の染土は部落北部の湖中より採集していた。

大麻は各家の畑地で自由に栽培できたものであり、4月始め筋蒔きにして密植で多肥朝幹に作り、6月下旬根付きのまま引き抜き葉柄をしごき、麻根の土を洗い落とし三つ折に束ね、大釜に立て込み、覆桶を被せて蒸しあげ素早く冷水に浸し水切りをして、麻皮をむき取り乾燥されたものであります。

糸紡(いとつむぎ)麻皮を水で湿して櫛裂きにして裂糸二本を交互に練り合わせ、片より糸に仕上げて使用されたものであります。