畳グッズ,カラー畳洗える畳,置き畳,畳マット,インテリア畳
四季彩畳 お店は比叡山延暦寺のある大津市坂本です (有)上又畳産業
TEL:077-578-0175
四季彩畳 手洗いできる畳 畳シート
四季彩畳 手洗いできる畳 畳シート
shopping

HOMEご注文方法カゴを見る会社案内お問い合わせ

    斬新なデザインな中に日本の伝統を創造
       
       
      これからの和、私たちの暮らしに和の温かさと安らぎを与えてくれる空間を創る赤い畳。自由な発想であなただけの和の世界をお楽しみください。
       
       
      全く新しい「ta・tum」ですが、伝統を守り続けています。それは、足元です。足袋を履いて畳の上を歩く、この時の滑りと留まり、この感覚が日本人にしか判らない畳文化の伝統なのです。「ta・tum」は、畳表とまったく同じ織り方をすることと、素材の肌触り、質感を追求し、「滑りと留まり」を実現しました。「ta・tum」の上で京都の芸子さんが目隠しをして舞っても、その「滑りと留まり」はなんら変わりません。  
       
     
      小さな宇宙・床の間

    ●家の中のギャラリー
    住まいの中にギャラリーがあるのは、世界中どこを探してもこの日本の住まいにしかないのです。壁に絵画を飾ること、玄関ホールに彫刻を飾ることなどはあるかもしれませんが、軸を掛け、花を生け、四季折々の表情と季節の行事を表現するスペースは、日本家屋の床の間だけなのです。
     
       
       
      ●床の間の意味
    床の間の成立は室町時代にさかのぼります。僧侶の住まいにおいて、部屋の壁に仏画をかけ、その前に机をおき、香炉・花瓶・燭台の三具足(みつぐそく)をならべたのが床の間の原型であります。15世紀の初頭には、この装置を建物につくりつけにした押板(おしいた)が登場し、貴族や武家の住宅にも広まりました。ただし、支配者層の住宅では仏画の代わりに中国伝来の掛軸がかけられました。室町時代の上流階級では、中国の絵画や工芸品を唐物(からもの)といって珍重し、部屋に飾るのが流行していました。16世紀後半になると、押板・違棚・付書院は唐物飾りの場所というより、壁面に造作された装置そのものとして部屋を荘厳化する道具になりました。その典型的な例は、17世紀前半に建築された京都二条城二の丸御殿大広間で、一の間奥には押板・違棚・付書院が並び、押板の奥の壁には金地極彩色で松の絵が描かれています。
    江戸時代、床の間を設置した座敷は、近世の社会秩序を表現する空間として、武家住宅はもちろんのこと、民家でも欠かせないものになっていきました。そして、現在でも和室を装飾し室内空間に秩序を生みだす装置として、その伝統は継承されています。
     
       
     

                

      ●庭と畳
    庭の中に畳がある、または部屋の中に庭がある。日本人が培ってきた自然との調和と美意識、それを守り発展させ今の日本人の生活に適応した庭のスタイル。私たち日本人だけが持ち得る美意識の中で潤いを感じてください。
    ●屋外で使用
    雨に濡れても、大丈夫な素材を使用し野外で使用。
     
       
     
         
    赤い畳の注文はこちら